« 2012年8月 | 2014年11月 »

2012年11月

No.18 1年ぶりに竜馬へ

1年ぶりくらいで新橋の立ち飲み、『竜馬』に行ってきました。
『竜馬』は私の中の五つ☆のひとつです。

午後7時近く、相変わらず入り口あたりから満員状態。相棒と一緒に、壁に掛けられた坂本龍馬の写真を見ながら、立錐の地を求めて奥へ奥へ。どん詰まりまで行くと、店の人が調理場の前のカウンターあたりに声をかけて場所をつくってくれました。

コートを掛けて両脇の人に挨拶をしてから我々のスペースに立たせていただきます。臨戦態勢がようやく整いました。
キャッシュオンデリバリーシステムですので、とりあえず3,000円を籠の中へ置き、ビールを注文。
メニューは魚の刺身から乾き物、サッポロ一番塩・味噌ラーメンまで何でも揃っています。ちなみに、値段の一番高いものが鮪の脳天刺身・鮪とアボガドの山葵和えの500円で、一番安いのが塩もみキャベツの100円です。すべてが500円以内と頑張っています。
酒だってワイン、カクテル、ティオペペまで何でも揃っています。焼酎などは麦・芋・米・その他というふうに一覧表ができています。

ビールが来たので、相棒と乾杯。
矢継ぎ早にどんどん注文してしまいます。
今日は残念ながら、お目当ての鮪脳天刺しが切れています。代わりに鮪の中落ちを。それからポテトサラダ・コンビーフ乗せ、焼き鳥、厚焼き、牡蠣の唐揚げ・・・・。 

この混み具合が何ともいえません。一人の人は少なく、二人連れか、グループの人が目立ち、あっちでもこっちでも、ワイワイガヤガヤ。
また人が入ってきました。常連さんなのでしょう、顔見知りのところに寄って行き、上手に分け入って壁にもたれるようにして立ちました。

こんなに混んでいるのに注文の品の出てくるのが早い。
前が調理台なのですべてが見えます。揚げ物、焼き物、サラダの盛り付けと、2人の調理人が、いっぺんに3つか4つの作業を進めています。頭の中は料理に集中しているというよりも、自然に無駄なく体が動いてしまっているといったほうがよいでしょう。

ポテトサラダ・コンビーフ乗せは『竜馬』でなくては食べられません。コンビーフがたっぷり乗っています。うまい。自分の家でも作れるでしょうが、それよりなんといってもこの組み合わせをよく考え着いたなと思う次第です。

中落ちも来ました。これで500円?二人で食べて十分です。
白子ポン酢も全部一人で食べてしまったらコレステロールの取りすぎが心配になる量です。
焼き鳥ももう食べられない。

食べるのに夢中で、飲むのを忘れていた。
カウンターの向こう側には、焼酎のボトルが並んでいますが、50、60種類はありそうです。それでは、籠に金を足して「佐藤の黒」をロックで頼みましょうか。

立ち飲みで長居は無用というのが私の信条ですが、相棒がいたせいか、もうかれこれ1時間半を超えました。

何を食べても美味くて、安くて、店もいい、客もいい。
帰り際、カウンタの上で懐手して立っている竜馬像と目が合いました。『竜馬』は、新橋の居酒屋の隅から日本を変えようとしていると感じました。『竜馬』は、その名にふさわしい酒場です。

アァ、やっぱり『竜馬』はいいなぁ。

 

1