インターメディカルは人と知識の間をとりもつ出版社です。
看護師・保健師・助産師・管理栄養士の教材や模試では、適切な問題と親切な解説で受験生をサポートします。

  1. ホーム >
  2. かんもしTOP >
  3. かんもし編集部より >
  4. きっとうまくいく学習計画:2

きっとうまくいく学習計画:2

2-2_title.png

 手持ちの時間と実力の分析が済んだら、自分が普段あまり意識せずにどんな時間の使い方をしているか、客観的に把握します。

2-2_step1.png

観察の結果、何を修正すれば計画がより実行しやすくなるか、注意点を書き出して意識します。行動変容の初期段階は、意識化に大きな意味があることは、皆さんよく知っていますね。
 時間が重要なファクターです。自分はどの時間帯にどれだけの時間を勉強に割くことができそうかを、具体的にしていきます。その前に、いくら受験生とはい え、自分の生活を犠牲にしすぎては、かえってストレスが溜まりますから、ゆずれない行動と学習予定時間の両方を確認しておきましょう。

2-2_step2.png

 それでは、まず、大まかに、マスターリストをつくって、何をいつまでにするかを決めましょう 。

2-2_step3.png

これを決めることで、一日にどれだけの量をこなすかが見えてきます。目標達成したら自分にごほうびをあげましょう。
 次に、具体的に実行する目標(問題集・用語集など)とその量、所用時間をSTEP 2で確認した優先度を反映して、計画表に書き込んでいきます。明日から先の自分にどんどんミッションを与えていきましょう。

 注意する点は下記です。 

○できるだけ毎日同じ時間帯に学習時間を位置づけるーー 何かを習慣化する際には、「時」と「場所」を一定にするのがこつです。電車通学の時間などを、勉強に活用するのは賢い方法です。
朝の時間を最大限に活用するーービジネスマンやOLの間で「勉強」が流行中。同時に、早起きも流行しています。大事なことを、一日のはじめに終わらせておけば、余裕をもって過ごすことができます。
予備の時間を忘れずにーー必ず効力を発揮します。

 潜在能力の研究家でコンサルタントのコリン・ターナーは、「30日間の習慣を手に入れるために、最初の48時間を地上最後の日々だと思って生活してほし い」と、その著書の中で述べています。48時間以内に、果たして自分のペースをつかむことができるでしょうか。それさえつかめば、計画は必ず成功します。

gotomenu.png

« きっとうまくいく学習計画:1 | きっとうまくいく学習計画:3 »