インターメディカルは人と知識の間をとりもつ出版社です。
看護師・保健師・助産師・管理栄養士の教材や模試では、適切な問題と親切な解説で受験生をサポートします。

  1. ホーム >
  2. かんもしTOP >
  3. かんもし編集部より >
  4. 効果的な勉強法:3

効果的な勉強法:3

1-3_title.png

 計画をまちがいなく遂行するためには、「締め切り効果」を使いましょう。大切な約束があって、どうしても5時までに用事をすべて終わらせなければいけない時、驚くほど手際よく片づけられた経験はありませんか?

 タイムマネジメントの本には、必ず締め切りを定め、時間内に目標を終わらせるべし、と書かれています。ダラダラと長時間勉強するよりも「これだけを」「いつまでに」と決め、「終わらせる」ことで達成感を積み上げるのです。
 同時に、「早回し効果」も活用しましょう。筋トレに負荷が必要なように、わざと、自分を少し追い込んでみる。週に一日くらい、短時間で量をたくさんこな す「高速学習日」をつくってハードルを上げると、実力がつきます。ゲーム感覚で楽しみながら高速回転で音読や筆写を行うと、どんどん頭に入ります。

 せっかく覚えた知識の「ど忘れ」を防ぐには、「思い出すことを習慣化する」ことです。日記やブログで一日に起こったことを文字に記録しようと頭を巡らせ ば、側頭葉に保存された記憶が前頭葉によってアウトプットされやすくなります。友達とタッグを組んで、一日の成果を報告しあってもいいですね。

 「早回し」と「思い出し」の2つの作戦、上手に活用してください。

gotomenu.png

« 効果的な勉強法:2 | 効果的な勉強法:4 »