インターメディカルは人と知識の間をとりもつ出版社です。
看護師・保健師・助産師・管理栄養士の教材や模試では、適切な問題と親切な解説で受験生をサポートします。

  1. ホーム >
  2. かんもしTOP >
  3. かんもし編集部より >
  4. 2021年かんもし第2回 訂正とお詫び

2021年かんもし第2回 訂正とお詫び

2021年かんもし第2回において以下の誤りがございました。
ここに訂正し、謹んでお詫び申し上げます。

回数 番号 採点
2 午前問題4
ぷちゼミ
「症例対照研究の研究期間」 追跡調査が必要で、長い 「後ろ向きコホート研究の研究期間」 追跡調査が不要で、短い 「症例対照研究の研究期間」 追跡調査が不要で、短い 「後ろ向きコホート研究の研究期間」 追跡調査が必要で調査期間が長いが、研究期間は短い 変更はありません
2 午前問題37
解説(2)
COPDでは吸気時に、口すぼめ呼吸がみられる。 COPDでは呼気時に、口すぼめ呼吸がみられる。
2 午前問題40
解説(5)
特発性血小板減少性紫斑病(ITP)は、骨髄での血小板数が減少する 特発性血小板減少性紫斑病(ITP)は、血小板数が減少する
2 午前問題42
解説(2)
大腸菌は、グラム陰性球菌である。 大腸菌は、グラム陰性桿菌である。
2 午後問題114
解説(5)
三分粥食は水1に対して水20でそれぞれ炊いたものである。 三分粥食は米1に対して水20でそれぞれ炊いたものである。
2 午後問題133
解説(4)
× 糖原病Ⅰ型では、スクロース制限は不要である。 血糖を正常に保つため、グルコースを摂取する必要がある。 糖原病Ⅰ型では、スクロース制限は必要である。 血糖を正常に保つため、グルコースを摂取する必要があるが、ショ糖(スクロース)、果糖、乳糖、ガラクトースの摂取には制限が必要である (4)、(5)を正解といたします

« 2021年かんもし第1回 訂正とお詫び |