インターメディカルは人と知識の間をとりもつ出版社です。
看護師・保健師・助産師・管理栄養士の教材や模試では、適切な問題と親切な解説で受験生をサポートします。

  1. ホーム >
  2. かんもしTOP >
  3. かんもし編集部より >
  4. 正誤情報

正誤情報

2022年かんもし第2回 訂正とお詫び

2022年かんもし第2回において以下の問題に誤りがございました。
ここに訂正し、謹んでお詫び申し上げます。

【採点に関わらない訂正・補足】
問題3
問題9
問題24

以下よりpdfをダウンロードしていただき、ファイルを開く際にパスワードをご入力ください。
【パスワード】かんもし第2回 問題16(解説集P.19)の問題タイトル(ローマ字読みで半角小文字

http://www.intermed.co.jp/blog/kan_hen/2022-2_kanmoshi_teisei_211013.pdf


2022年かんもし第1回の補足説明

2022年かんもし第1回問47解説(2)と問62解説(3)に不十分なところがありました。
受験生をはじめとした皆様にはご迷惑をおかけしましたこと、ここにお詫び申し上げます。 


2022年かんもし 第1回 問47 ゲル化食品――――――――――――――――――――
解説(2)同一溶液濃度では、寒天ゲルのほうがゼラチンゲルより破断応力が大きい。
したがって、寒天ゲルはもろく、こわれやすい。一方、ゼラチンゲルは、しなやかでこわれにくい。

▶▶条件によっては必ずしも上記のようには言えないため、下記を補足いたします。

室温での寒天の破断強度は、ゼラチンゲルの破断強度よりも大きくなります。

しかしながら、寒天ゲルとゼラチンゲルでは、破断応答曲線が異なるため、 必ずしも破断応力が大きいこと=もろくて壊れやすい、破断応力が小さいこと=しなやかで壊れにくいとはいえません。

たとえば、寒天の破断強度未満でゼラチンゲルの破断強度以上の力で圧した場合には、 寒天ゲルは破壊されないために、壊れやすいとはいえず、ゼラチンゲルは壊れるために、壊れにくいとはいえません。

また、ゼラチンは25度以上で溶けるなど寒天と破断温度特性も異なるため、 "壊れやすさ"は条件によって異なり、破断応力の大きさをもって、"壊れやすさ"を一概に云々できないことにご注意ください。

2022年かんもし 第1回 問62 食品の保存――――――――――――――――――――
解説(3)
訂正前:× 糖蔵をする際には、ショ糖よりもブドウ糖のほうが保存性はよくなる。
 ↓
訂正後:× 糖蔵をする際には、同じ重量%濃度の場合、ショ糖よりもブドウ糖のほうが保存性はよくなる。

2021年かんもし第2回 訂正とお詫び

2021年かんもし第2回において以下の誤りがございました。
ここに訂正し、謹んでお詫び申し上げます。

回数 番号 採点
2 午前問題4
ぷちゼミ
「症例対照研究の研究期間」 追跡調査が必要で、長い 「後ろ向きコホート研究の研究期間」 追跡調査が不要で、短い 「症例対照研究の研究期間」 追跡調査が不要で、短い 「後ろ向きコホート研究の研究期間」 追跡調査が必要で調査期間が長いが、研究期間は短い 変更はありません
2 午前問題37
解説(2)
COPDでは吸気時に、口すぼめ呼吸がみられる。 COPDでは呼気時に、口すぼめ呼吸がみられる。
2 午前問題40
解説(5)
特発性血小板減少性紫斑病(ITP)は、骨髄での血小板数が減少する 特発性血小板減少性紫斑病(ITP)は、血小板数が減少する
2 午前問題42
解説(2)
大腸菌は、グラム陰性球菌である。 大腸菌は、グラム陰性桿菌である。
2 午前問題89
解説(3)
下垂体前葉からオキシトシン 下垂体後葉からオキシトシン
2 午後問題114
解説(5)
三分粥食は水1に対して水20でそれぞれ炊いたものである。 三分粥食は米1に対して水20でそれぞれ炊いたものである。
2 午後問題133
解説(4)
× 糖原病Ⅰ型では、スクロース制限は不要である。 血糖を正常に保つため、グルコースを摂取する必要がある。 糖原病Ⅰ型では、スクロース制限は必要である。 血糖を正常に保つため、グルコースを摂取する必要があるが、ショ糖(スクロース)、果糖、乳糖、ガラクトースの摂取には制限が必要である (4)、(5)を正解といたします

2021年かんもし第1回 訂正とお詫び

2021年かんもし第1回において以下の誤りがございました。
ここに訂正し、謹んでお詫び申し上げます。

回数番号採点
1
午前問題97
選択肢5
(正しい内容を誤答として表記)5. 最大換気量が増加する。全員に配点いたします。
1
午後問題181・182
問題文
高カロリー輸液製剤100 mL当たりの成分表高カロリー輸液製剤1袋当たりの成分表問題182を採点除外といたします。

1