インターメディカルは人と知識の間をとりもつ出版社です。
看護師・保健師・助産師・管理栄養士の教材や模試では、適切な問題と親切な解説で受験生をサポートします。

  1. ホーム >
  2. かんもしTOP >
  3. かんもし編集部より >
  4. 正誤情報

正誤情報

2019年かんもし第3回 訂正とお詫び

2019年かんもし第3回において以下の誤りがございました。 ここに訂正し、謹んでお詫び申し上げます。
2/8追記:問題175(5)につきまして新たに訂正がございます。重ねてお詫び申し上げます。


回数
番号


採 点
3
問題34
解説(5)
1~2行目

糸球体の輸入細動脈の内壁にある傍糸球体装置 傍糸球体細胞の動脈にある中膜などから構成されている傍糸球体装置

3 問題38
ぷちゼミ
●振動覚・位置覚[伝導路名称なし] ●識別性触圧覚・深部感覚[後索路(後索-内側毛帯路)]
3 問題40
解説(4)
1行目
ミオシンで形成されている。 ミオシンフィラメントとアクチンフィラメントで形成されている。
3 問題41
(3)
× 受精卵が着床して胎盤がつくられると、胎盤から黄体ホルモンが分泌される。
○→ヒト絨毛性ゴナドトロピン(hCG)は、胎盤を構成する絨毛膜から分泌されます。黄体ホルモンなどは、hCGが卵巣に作用することで分泌されますが、胎盤が形成されると胎盤から分泌されるようになります。 全員に配点
3 問題62
(3)
○ 100mL当たりの脂質が3g未満であるドレッシングは、「ノンオイル」と表示できる。 ×→「ノンオイル」と表示できるのは、ドレッシングではなく、ドレッシングタイプ調味料です。 正答
(3)、(5)
3
問題76
(1)

× 肝臓へのグルコース取込みは、インスリンにより促進される。 ○→筋肉、脂肪組織とメカニズムは異なりますが、インスリンは間接的に肝臓へのグルコースの取込みを促進します。
正答
(1)、(2)
3
問題79
解説(3)
5~6行目

γ-グルタミン酸 γ-カルボキシグルタミン酸残基
3
問題84
解説(4)
3行目

トランスフェリンも減少している トランスフェリンは増加している
3
問題175
(5)

× 調理後の食品は、1時間以内に喫食してもらう。 ○→「1時間以内」は解説の「2時間以内」に含まれます。
※訂正(2/8):「点検項目」として示されている表記と捉えると『1時間以内』は誤(×)、「提供時間」と捉えると上記のとおり正(○)となります。
正答
(3)、(5)
3
問題178
(1)

× ブラストチラー―冷気により短時間で~急速冷却器―清潔作業区域 ○→教科書によっては、「ブラストチラーは清潔作業区域に置く」との記載があります。
正答
(1)、(5)

2019年かんもし第2回 訂正とお詫び

かんもし2019第2回 2019年かんもし第2回において以下の誤りがございました。
ここに訂正し、謹んでお詫び申し上げます。

回数
番号


採 点
2
問題56
(2)
○ 発生1 件当たりの患者数は、ノロウイルスによるものが最も多い 発生1 件当たりでは、ノロウイルスよりもウェルシュ菌による食中毒のほうが患者数が多いといえる。
全員に配点
2
問題79
(3)
× ビタミンB6 の欠乏では、血中ホモシステイン濃度が高まる
〈用語解説〉ホモシステイン の内容にあるとおり、ビタミンB6 が欠乏すると、高ホモシステイン血症
を生じる。
したがって本選択肢は正文。
正答
(1)、(3)
2
問題92
(5)
○ 黄体形成ホルモン(LH)の分泌量の低下
更年期では、卵巣機能の低下によりエストロゲンの分泌量が低下することでフィードバック刺激が作用し、LH の分泌量が増加する。
全員に配点
2
問題120
(3)(5)
× (3)乳糖を含むものを使用した。
× (5)「栄養剤のバッグを48 時間ごとに交換した。
本選択肢は正文。
正答
(1)、(3)、(5)
2
問題186・187・188
(解説集)
本文中の問題番号
「185」、「186」、「187」

「186」、「187」、「188」
2
問題
194・195
(解説集)
本文中の問題番号
「183」、「184」
「194」、「195」


1