インターメディカルは人と知識の間をとりもつ出版社です。
看護師・保健師・助産師・管理栄養士の教材や模試では、適切な問題と親切な解説で受験生をサポートします。

  1. ホーム >
  2. かんもしTOP >
  3. かんもし編集部より >
  4. 2011年11月のへそ

2011年11月のへそ

[日本栄養士会雑誌2011年11月号広告掲載]

天高くWatchanも肥えるこの時期。昔から、タコとカボチャに並んで女性に好まれる食材で、食物繊維とビタミンの豊富なものといえば? 

【答え】

出典がはっきりしないが、江戸時代の川柳に「とかく女の好むもの芝居浄瑠璃芋蛸南瓜」とある通り、女性は、タコやカボチャとともに「イモ」を愛するとされている。この場合のイモは一般にさつまいも。

さつまいもはセルロースやペクチンなどの食物繊維が豊富で、100g当たり約3.5gと、じゃがいもの2倍に相当する。食物繊維のとりすぎによる健康障害はなく、「日本人の食事摂取基準(2010年版)」では、1日18g以上(男性19g以上、女性17g以上)が目標量とされている。

また、さつまいもは、ビタミンC30mgとりんごを上回るほか、ベータカロテンとしてのビタミンAやビタミンB1などのビタミンが豊富。ナトリウム排泄効果でむくみ解消に効くカリウムも、バナナの360mgに対し500mg前後と、なかなかの美容食である(含有量すべて100g当たり)。

« かんこのベランダ菜園通信(2) | 2011年12月のへそ »