インターメディカルは人と知識の間をとりもつ出版社です。
看護師・保健師・助産師・管理栄養士の教材や模試では、適切な問題と親切な解説で受験生をサポートします。

  1. ホーム >
  2. かんもしTOP >
  3. かんもし編集部より >
  4. 2020年1月

« 2019年12月 | 2020年3月 »

2020年1月

2020年かんもし第3回 訂正とお詫び

2020年かんもし第3回において以下の誤りがございました。
ここに訂正し、謹んでお詫び申し上げます。

回数 番号 採点
3 問題23 選択肢2解説 4行目 ・・・酵素活性を発現させるたんぱく質で、・・・ ・・・酵素活性を発現させる低分子有機化合物で、・・・ 変更なし
3 問題24 選択肢3解説 3行目 ・・・因子の補酵素として働くため、・・・ ・・・因子の翻訳後修飾にあずかる酵素の補酵素として働くため、・・・ 変更なし
3 問題43 選択肢3解説 2行目 ・・・うるち米(2.5g)・・・ ・・・うるち米(6.1g)・・・ 変更なし
3 問題52 選択肢3解説 1行目 ○ ISO22000は、ISO9001ならびに・・・ × ISO22000は、日本適合性認定協会(JAB)により認定された民間機関や公益法人などにより認証審査される。ISO22000は、ISO9001ならびに・・・ 採点除外 (正答なし)
3 問題67 選択肢5解説 1行目 × ごぼうは、60~70℃で加熱すると・・・ ○ ごぼうは、60℃以上で加熱すると・・・ (2)(5) いずれも正解
問題140 選択肢2用語解説 1970年に出生1,000対9,193・・・ 2017年には出生1,000対41・・・ 1970年に出生1,000対145・・・ 2016年には出生1,000対41・・・ 変更なし
3 問題145 選択肢2解説1行目 ○ 野菜・果物の摂取量の増加は、体重コントロールに重要な・・・ × 食塩摂取量への減少(8g/日) 野菜・果物の摂取量の増加は、体重コントロールに重要な・・・ (2)(4) いずれも正解
3 問題187 選択肢4解説 1行目 × 肝硬変の非代償期での血清総ビリルビン量は、減少している。血清総ビリルビン量の減少は、・・・ × 肝硬変の非代償期での血清総ビリルビン量は、増加していることが多い。 一般的には、肝硬変非代償期では肝臓の代謝機能が低下するため、血清ビリルビンが増加することが多い。しかし、本症例では黄疸や血清総ビリルビンの増加など、明確な検査結果が示されないため、最も適切な解とはいえない。なお、・・・ 変更なし

かんもし第3回 受験会場のご案内

東京・大阪ともに会場受験のお申込は締め切りました。(1/29)

---
2020年2月1日(土)に実施予定のかんもし第3回・受験会場をご案内いたします。

【東京会場】
全国町村議員会館
東京都千代田区一番町25番地
(交通アクセス)
地下鉄半蔵門線半蔵門駅
地下鉄有楽町線麹町駅

【大阪会場】
大阪科学技術センター
大阪市西区靱本町1-8-4
(交通アクセス)
地下鉄四つ橋線・御堂筋線本町駅

★受験票について
1月23日までご入金分→1月24日に発送いたしました
1月27日までご入金分→1月28日に発送いたします。
ご入金確認のメールが届いている方でまだ受験票が届いていない方はご連絡ください。

★受験地の変更について
会場受験から自宅受験への変更をご希望の際はご連絡ください。

1