鈴木 眞理

「僕の特技はお留守番」

 高齢出産で産んだ一人っ子がやっと10歳になってくれた。出産の年は去年と同じ冷夏で、東京は軽井沢状態で、妊婦にはありがたかったけれど、お米が不作で冬にはマーケットの米の販売に行列ができた。
 心配というと、最近は、「子供を一人で留守番させる心配」は格段に減った。以前は、長男が、「誰か家にいてくれるとなぜか安心なんだよね」と言っていた。そういえば、「子供は家に母親がいないだけで、もやもやする」と育児書の見出しにあった。幼い子供が一人で留守番では、なんとなく緊張状態になるのだと思う。「鬼のいぬ間にいいことしよう」までは自立していない。
 これまでは、誰が長男を見てくれるかが心配の種だった。私の緊急の仕事や、長男が病気になった時など、毎日が綱渡りといっても過言でなく、長男も「今日、僕を見てくれる人は誰なの?」と質問していた。
 私は、卒業後22年間、大学病院に内科医として勤務し、一昨年から国立大学の保健管理センターに移ったが、大学の使命の教育、診療、研究に携わって、臨床研究をして論文や本を執筆してきた。
 当然のことながら、生後1ヵ月から保育園児だった。早朝の医局会は早朝保育でしのいだ。延長保育はあるものの病児保育はなく、1歳からお手伝いさんを必死で探した。マンションの管理人さんの知り合いの未亡人で、幸いなことに、働くお母さんの経験のある方だった。
 熱があると子供を保育園に預けられない。解熱の座薬を入れて預けたという友人のつらい話もあるけれど。発熱すると、朝一番にお手伝いさんに電話して来てもらった。こんな緊急時に備えて、子供が健康なときは1日に3~4時間、掃除や買い物に通ってもらって、保険だと思って高給を払った。保育園には延長保育のシステムはあったが、長男の健康のために預けるのは18時までとし、子供が寝た後に大学に戻って実験もした。
 問題は小学校入学後だった。夫が静岡に単身赴任になった。小学校に併設の学童保育には保育園のような早朝保育はない。早朝の勤務に備えて、お手伝いさんに前夜から泊まってもらったり、近くの大学の女子学生さんに、当日、子供が登校するまで一緒にいてもらうアルバイトをお願いした。アルバイトがいない朝は、私と夫と京都在住の妹(専業主婦)から順番にラブコールを入れた。時々、お隣さんに預かってもらった。
 小学校3年生までは学童保育で下校後17時まで預かってもらえた。その後の時間はお手伝いさんに来てもらったり、私が17時半までに帰宅した。そのために、昼食は食べないで仕事を片付け、17時に病院を飛び出した。私の帰宅が遅れて、長男が家の前でべそをかいて待っていることもあった。国内や海外の学会に参加するときには、夫が帰京できる週末に出かけたり、山口の実家や京都の妹宅に一旦預けに出かけてから出発した。
 自分の健康、長男の健康、サポートしてくださった方々に感謝の10年だった。タクシーを乗り回して時間をお金で買い、ベビーシッター費用や旅費は大きかったけれど、自分が勉強できる時間とチャンスに投資することは大切だったと痛感している。
 10歳の今、週二日は下校後一人でお留守番している。夕立前には洗濯物も取り込んでくれるし、宅急便のお兄さんにお礼も言っているようだ。「僕の特技はお留守番」といっている。ついでに、「お母さん、のんびり仕事したほうがいいよ」と、フル回転の私にアドバイスしてくれる。ありがとう。

大学病院で働き続けるということ


大学病院で働き続けるということ

鈴木眞理

 私は、卒業後24年間、大学病院で仕事をしている。最近、若い女医さんから、「大学に残ったほうがいいでしょうか?」と尋ねられ、同期の開業医から、「よく大学に残ってきたね」とねぎらわれ、大学で仕事をする意味を改めて考えた。以前、先輩の女医さんから、「一般病院の勤務医になると、昼間ちょっと子供の授業参観にでかけられないから、大学のほうが自由がきく」といわれ、「そんないいかげんな理由はないでしょう」と思った記憶がある。
 大学の使命は、教育、診療、研究である。学生実習や指導、外来や病棟業務のほかに、大学の医局にいると早朝勉強会や研究会、医局の運営上の役割も分担する。その上で、自分の専門領域の研究をして、学会で発表し、論文や本を執筆する業績、すなわち「生産性」が求められる。臨床医でかつ研究者である。家庭を持って、これらをこなすことはなかなか難しい。
 ところで、アメリカの内分泌学会は、歴代の会長だけでなく学会の要職に女性が多く活躍している。さらにWomen in Endocrinologyという女性研究者だけの組織がある。
 10年前の定例のバンケットでの議題は今も印象深く思い出される。テーマは「女性研究者の生産性」だった。「出産することも生産性だけれど」というジョークで始まった会で、各テーブルでは、出産や子育て、夫の仕事や勤務地で自分の仕事が制限される不満が出始めた。たまたま隣に座った初対面のベティー、大学教授の夫の教室で研究している医者で、空港まで車で送ってくれた夫は、妻の学会中ずっと子供の面倒をみてくれる幸せそうな彼女でさえ、仕事と家庭の両立の難しさを話し始めていた。
 ところで、その夜の発言者の答えは、「女性研究者の生産性を高めるのは、良い夫でも、良い家庭の援助でもない、あなたを育てようとしてくれる上司だ」であった。
 私の卒業当時、母校の、特に外科系の医局は「女性禁止」の暗黙の了解があった。「女医は子供ができたら辞めるから」と公然と言われた。今や、医学部学生の30~40%が女子学生に占められるようになり、上司は性別にこだわらず育てざるを得なくなっていると思う。私は幸運なことに女医を育てるという気概のある教授のもとで、大学ならではの他科のエキスパートと連携して思う存分仕事ができた。
 大学は、漫然と過ごすところではなく、目的を決め、それにメリットがあるなら利用して勉強する場所である。そのメリットのためなら雑用をこなし、医局の不愉快な出来事もうけ流す。本人の努力だけでなく家庭環境も大切だけれど、上司選びはもっと重要である。私の今後の課題は「良い上司になりたい」だ。