トラキチ

今時の事

 日々の新聞や雑誌のページをめくるとき、企業のリストラ問題や早期退職の話題。しいては、何時、何歳で退職するのが有利かといった記事までにぎやかなことである。一方、若者の就職率の低下も最近よく取り上げられる問題である。
 人生80年と思えば、道はゆっくり考えたいと思う者もいるし、人生何とかなるわと考え、今を楽しむ事だけにまい進する若者も多い。はたまた、大学に通学しながら将来の為にと各種専門学校に通って、資格試験に挑戦していく若者も少なくないとの報道である。
 いずれにしても、社会にとって非生産人口が急増していることは事実のようである。全く困った事だ。
 「だから毎年医療費が削減になって、我が診療所が火の車なのよ。」と、ある意味他人事のように考えていたらさあたいへん、今年になって突然我が家にも“今時の事”が次々と起こってきたのである。
 今春、長女が大学を卒業した。美術系の大学でたいした特技もないのと、本人を含めた関係者全員が企業に就職する事を考えていなかったため、当然のごとくプータロー生活を始めたのである。もちろん親として、就職に関しては何がしかの運動もしてみたが、昨今の就職状況の厳しさを実感しただけだった。結局本人が子ども好きなので、幼稚園の先生になろうかと佛教大の通信教育を受講しながら、アルバイト業に精を出す毎日であるが、期間は2年、50万円を越える費用がかかる。
 他方、次女は医大受験を2度失敗し、2浪はしないがダブルスクールで鍼灸学校に行くことに決め、ダブルスクールしやすい大学を中心に?受験し、システム情報学科の2回生になった。これもアルバイトを中心に学生生活が回っている様な暮らしぶりだが、来年からは鍼灸学校にも通う予定である。両方卒業するには全部で5年の年月を要する。
 極め付きは主人である。入社27年目、名前を聞けば誰でもが知っているような会社でそれなりの地位にいたのだが……この春頃から頭痛を訴えるようになり、MRI をとったり神経内科を受診したりと大騒ぎの末、男性の更年期かとの診断。あげくのはて退職したいと言い出し、この9月末でめでたく?退職。
 人生85年の今日この頃、残り35年をいったいどうする気なのか? 早期退職で退職金は多目にもらったけれど、年金をもらうまでのつなぎにするには少なすぎる。「それより何より毎日どうして過すのだい?」口まで出かかった言葉を飲み込んで、お互いの予定を毎朝言い合う日々である。
 幸か不幸か、ある程度の収入はあるけれど、パラサイトを3人も飼うほどの余裕はない。それでも住む家さえあれば、何とかなるかと思う反面、何の社会保障もない私達医者の生活は本当に浮き草の様だと今更ながら痛感した次第である。浮き草人生に気づくのが遅すぎたのか、今の世の中がよほど暮らしやすいのか。初冬の短い1日はたいした苦もなく過ぎて行くのであるが、この先のことを考えて不安に思うのは私だけ?
 そして今時の事の最後はペットである。今までも犬を飼いたい思いはあった。皆が忙しすぎて無理だったのだが、何が幸いするか分らないものだ。時間のできた主人が、餌係を務める事で納得し、真っ黒の子犬が我が家にやってきた。
 大型犬の子犬なのでパワーがある。主人が愛情を注ぎすぎてもめげない。日々大きくなり変化して行く対象が身近にいる事は楽しいものである。ペットブームの理由も理解できるというものだが、実際はえさの時間や、下の世話までけっこうたいへんなのだ。
 考え方を変えてみれば、ほんの半年前は静かでたいくつな生活だった気がする。我が家は皆これからなのだ。ワクワクする思いもするがアーしんど。
 私も、今時の不倫でもしてウサを晴らしますか?