みどり先生の「おそうじ」セラピー

 みどり先生です。
 まあ、本名でもいいのですが、あまりに、この名前が気にいっているので、このままで、登場することにします。
 さて、忙しかった我が家でしたが、長女がこの春に大学に進学し、下宿生活することになりました。5時おきだった朝も6時でも、間に合うようになりました。少し、ふぬけになった気分ですが、次女、三女、そして、夫がいるので、まだまだ、ばたばたです。
 そこで、この機会に思い切ってがらくたを処分することにしました。私の尊敬するカレン・キングストンの『風水整理術入門』*が頼りです。よく家の中を見渡すとあまりに余分なものが多くて毎週あきれながら、ゴミだしに明けくれました。
 まず、過去1年から2年の間に使っていたか、ほんとに気にいっているかなどを基準に売る、交換する、捨てる、焼く、人にあげるかを決めていきます。いつか読むかなあという本(いいえ、読みませんね)、いつか着るかなあという服(いいえ、着ません)すべて処分です。子供の作品などは、写真やビデオにとって、記録としました。
 あちこちのものをすてまくっていると、心が軽やかになり、妙なだるさが少なくなります。不思議なもので、家の見通しがよくなると、精神状態まで、おおきくかわります。うつの人に、
 「まず、ひとつの引き出しの中をすべてすててね」
というと、それだけで考え方がかわったり、究極、自殺予防にもなったということもあるようです。がらくた捨てもばかにできません。無駄使いの予防にもつながります。
 冷蔵庫内のがらくた処分は、カレーです。残ったすべての野菜をみじん切りにして、カレーにしてしまいます。カレーには、茴香(ういきょう)や丁字、ターメリックなど、漢方の生薬として使用されるものが含まれています。この前、安中散という漢方をカレーにまぜました。
 この漢方には桂皮、茴香など、おいしい生薬がはいっており、辛みで、生じやすい湿熱からの胃もたれにもよさそうです。という訳で、カレーをせっせと食べ、野菜の無駄がなくなりました。いいことばかりなのですが、先日、夫がぽつりとつぶやきました
 「もしかして……僕は、生ゴミ???」
 えー、粗大ごみだったりして……(笑)。
 お粗末でした

*『ガラクタ捨てれば自分が見える—風水整理術入門 』(カレン・キングストン、小学館文庫)