消えた東洋医学用語

 4年前に買った愛用のWindows XPの調子が悪くなり、ついに初期化。おかげで稼動スピードは格段に速くなったものの、4年間覚えこませた漢方、東洋医学用語が一瞬に消えてしまいました。私は開業以来、日々外来に来る新患の疾患名、処方だけは毎日PCに記録しています。漢方名は特殊なので、PCが単語を覚えて変換してくれないと、1字ずつ当て字から変換するしかなく、すぐにも困ってしまいました。
 急いで東洋医学辞書をインストールはしたものの、まだこれだけでは繁用する中医用語などが不足しています。しかしこれは子供を育てるように、その都度教え込まねば、私専用のPC仕様にはなりません。ふとこの古式ゆかしい漢方用語に初めて接した頃の、初期化したPCのように真っ白だった自分を思い出しました。
 当時西洋医学しか知らなかった私の頭脳は混乱をきたし、なかなか漢字の処方名や効能が覚えられませんでした。私の場合はまだ初学者の時代に縁あって漢方外来を受け持つことになったため、お粗末な臨床をしながら、自宅に帰ってから参考書を見て、必死に勉強をする毎日でした。しかしそんなことでお茶を濁せるわけもなく、最初の頃は漢方外来の日になると、登校拒否児のように朝お腹が痛くなったものです。その内に、処方名はその漢方の働きとか、主要な構成生薬からちなんでつけられている場合が多いことが分かってきました。また常に手書きで漢方処方名、生薬名をカルテに記入する内に、自然と漢字や処方構成も覚えていきました。
 しかしそれで事が済んだわけではありません。漢方には面倒な東洋医学用語や考え方がたくさんあって、それぞれの用語が一体何を意味するのかを、自分なりに理解する必要がありました。といっても、漢方理論自体が現代医学と大きく異なるため、胡散臭く思えてなかなか覚えることができませんでした。
 それを打ち破ってくれたのはある症例との出会いでした。その方は五年以上にわたる多発性円形脱毛症で頭髪は薄く、眉毛も睫毛も抜けたまま生えてこない状態でした。そのうえに両手、両足に重症の掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)という膿をもった水疱が多発しているという気の毒な状態で、長年さまざまな医療機関で治療を受けても、改善することがなかったので、漢方治療にかけてみたいと、来院されたのです。
 彼はやせ型で色黒、頻繁に扁桃腺炎を起こしては熱を出していました。筋肉質でやせ型、色黒で上気道の慢性感染症を起こしやすいというのは、一貫堂という漢方流派の解毒症にぴったり当てはまる体質です。そこで解毒症体質に定められた処方である荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)という漢方薬を投与してみました。そうするとあれよという間にまず掌蹠膿疱症が手足まとめて消え、次に円形脱毛症がどんどんよくなり、気がつくと扁桃腺炎まで起こさなくなっていました。
 漢方ってこんなに効くのかと患者以上に感激した私は、その後迷いも吹っ飛び、漢方理論も受け入れられるようになっていきました。「好きこそものの上手」とはよくいったもので、気がつくと今の漢方医の私が出来上がっていたというわけです。新しい学問の獲得に寄与するのは、必要に迫られた環境とそれによる成功体験なのかもしれません。