お遍路ツアーを経験して

 平成17年7月に、徳島でお遍路体験してきました! 本当に初めてで感慨深かったです。「気の医学会」ならではの内容の濃いプログラムでした。この会は、帯津良一先生を会長に代替医療、伝統医療などを学び、医療の枠を広げる活動をしています。参加者は25人。年配の方や足の弱い方は歩かずに先にタクシーで回っておられました。引率は「4番札所」の大日寺住職・真鍋俊照師と先達・横田さんです。先達というのは何十回と八十八ヵ所を回っている地元のベテランのことです。
 日笠久美先生から頂いた柳澤桂子さんの「生きて死ぬ智慧」を携えて行きました。これは柳澤さんが般若心経を「超訳・解説」された本です。リービ英雄さんの英訳、堀文子さんの挿絵がついた豪華な内容です。「私も持ってきた!」と声を合わせた先生が3人。凄い普及力ではありませんか。
 実際に歩いてみて、お遍路の世界は実に奥が深いということがわかりました。白装束(白衣)を着て鈴の付いた杖(金剛杖)をつき、7kmほど歩きました。田圃のあぜ道や山道など、古い遍路みちを選んで歩いたのです。炎天下で汗が滝のように流れましたが、爽快でした。
 ひたひたと歩いていると余計な想念が入ってこなくて良いのです。マラソンみたいです。お寺に着き山門をくぐり、お手水で手と口をすすぎます。本堂にお参りした後、大師堂に参ります。それぞれ二ヵ所で般若心経を唱え、お寺に合った真言を唱えます。大日如来や薬師如来などです。終わりに納経をします。この作法は心理セラピーになりますね。
 真鍋さんは数年前まで東京の大学で教えておられ、徳島に帰られた今も四国大学の教授です。海外にも渡り講演されています。お話は面白く、大変興味深い方でした。仏教画もお上手です。
 大日寺は、戦前戦後の頃、ライ病のお遍路さんを受け入れ滞在させていたそうです。血膿のにじんだ身体に繃帯を巻き、筵に身体を横たえる病人さんたちのお接待の思い出を話してくださいました。旅の途中、その方達が亡くなられたという知らせを、他のお寺で聞くこともあったそうです。
 お遍路は、実は死出の旅を想定したものだということです。実際に自殺を企図して旅立つ人も多いそうです。しかし、黙々と歩いてお寺を訪ねるうちに別の価値観が生まれてきて、生きる気持ちが湧いてくるのだと、住職は仰っていました。
 私の年代にとって、お遍路は老後の楽しみにはピッタリです。地元の人に優しくされるのも嬉しいし、土地の風景や作物も味わえます。カーナビの付いた車に買い換えたらまた行きたい! クセになりそうです。
 お寺によって居心地の良いしっくりする寺とそうでもない寺とがあることにも気づきました。大日寺はとても良い感じのお寺でした。築300年以上らしく、蜂須賀小六の絵師が描いた天井絵がありました。33の観音像も。これは堺から寄贈されたものです。秀吉の頃です。四国は不思議な場所だと思いました。この歳になるまで知らなかったことが悔やまれました。
 京阪神の女性向け雑誌「サヴィ・SAVVY」9月号の特集は「四国八十八ヶ所まわってみました」です。関西にお住まいの方は、ぜひお近くの書店で手にとってご覧ください。