「類は友」の法則

 この言葉を知り合いの占い師のセンセが良く使います。確かに昔からも言われていたこと……。しかし最近は特に実感させられるようになってきました。
 この「類」というのは、言葉を変えれば「波動」ということになります。良く似た周波数の方たちが「類」なのでは……。
 「すべての存在、森羅万象すべてがバイブレーション=振動し、それぞれ固有の周波数を発し、独特の波動を持っている」という宇宙の根本原理があります。人だけではなく物質全て、金属だってみな振動です。いったいどういうことでしょうか? 物質をミクロレベルでみれば原子のレベルになります。核の周りを電子が回っていること、物質固有の電子の数で振動していることを思い出してください。すべてはやはり振動なのです。
 「波動」って感覚を感じられる経験は、日常の中にたくさんあります。仲間でワイワイ楽しんでいるとき、最近落ち込みの激しい友人がやってきたら、とたんにその場の雰囲気が変わってしまう経験。人間も振動していますから悲しみに打ちひしがれた方の周波数は周囲まで暗くします。我々医者の周波数としては、「先生の顔を見ただけで元気になってきたわ」といわれるのが最高の周波数ですよね。時々「あの患者さん、どないなったかなぁ~」と心配したら、数日のうちに近況報告に来てくれる経験、女医仲間の先生方は皆さん体験しておられますよね。こちらの心配している気持ちの波動が患者さんに伝わっています。
 私のクリニックは心療内科を標榜していますが、地域密着型の二代目開業医でもあるので、ごく普通の内科の診察もしています。だから風邪のシーズンには感染症でばたばたしている普通の内科です。心療内科の初診には50分くらいたっぷり時間をかけるので、別枠の予約でないと診察不可能……。
 ところが病院からの紹介患者さんで予約なく来られる方がいるんです。その中に「何で今日は暇な~ん?」とつぶやいた時に予約無しで現れる初診の方……しっかり時間をかけて診察して……その方が済んだ頃にはまた待合室はまた一杯に……。これを当院では「波動で裏予約取った人」って呼んでいます(笑)。そんな方の経過はまた良好なんですよね。
 波動医学、ホメオパシーやフラワーレメディー、気功、風水なんかもそうなんですが、今年は「波動医学協会」なるものも設立されました。西洋医学だけではどうにもならないあたりを、どうにかできないでしょうか。今、治療の最前線は大きく変わろうとしています。
 面白い時代に医師として参加できることを感謝しながら、より良い周波数になるよう日々楽しんでいます。