今年もまた東洋医学会で二宮先生とお会いして

 二宮文乃先生は形成外科医として出発されたため、真っ先にされた外科医としての訓練は腹部手術、つまりお腹を切ることでした。うっかり腸を傷つけたりすると、中から回虫が出てきたり。
 また前立腺の手術は今と異なり大変難しく、最も良い方法は、モギレクトミー、つまり、悪くなった前立腺をもぎ取るように除くのだそうです。術後は膀胱内出血が止まるまで、毎日のように膀胱洗浄を繰り返さねばならず、これまた多数の患者さんのための重労働でした。手術日には、これを1日に何例もすることがあったそうです。
 腎結核が多く、治療法は腎臓摘出でした。毎日のように膀胱洗浄を繰り返さねばならず、これまた重労働だったそうです。入院患者は検査、点滴、尿沈渣をし、顕微鏡で見る、プレパラート作り、血液検査など、今ですとすべて中央検査室に出す仕事を、すべて自分でしなければならなかったのです。
 当直料は350円。食事は患者さんの験食で、余りおいしくないので、たまにカレーライスを外からとると700円。あっという間にお金はなくなり、実家に送金を頼むという繰り返しでした。50年前は、医学をただで教えてやってるんだから、労働をしても勉強させてもらってるのだから、無給であたりまえという時代でした。
 一度など、ようやくデューティーが終わり患者回診を済ませて、朝6時くらいに起きて教授回診の準備で忙しくして、回診している途中に意識がなくなり、気がついたら点滴されていたといいます。真っ青になって失神したそうです。でも気がついたら、直ぐまた働かなければならないのが現実でした。
 入局はしても、このような厳しい労働ですから、沢山の女性同僚が脱落して辞めていったそうです。寝るのは深夜。起きるのは早朝。女性専用特別室なんてないから、外来のベッドが寝室代わり。土日もあってなきがごとし。まるでたこ部屋(?)、女工哀史を思い出させますね(土方感想)。そして二宮先生に診てもらいながら、「医者はどこだ」と嫌がらせを言う患者もいたのです。
 とにかくこの若々しい魅力的な70才を過ぎている二宮先生は、このような生活をずっとしてこられたのです。それだけの苦労をこなしてこられたから、今の二宮先生が有るのでしょう。
 先生は今、何千枚の皮膚の写真をパワーポイントにする仕事を毎日してもらっておられます。する人がその多さに倒れそうだというから、数もおわかりになるでしょう。
 二宮先生の不思議なお話も聞きました。疣(いぼ)だらけの子供があちこち病院巡りをしても良くならず、先生を受診したときに、先生が「お参りするとよく効く神社があるのよ。どこに行く?」と聞いてお参り場所を決めて帰宅後、翌日に疣が全部消えたそうです。つまり、「かなり精神的なことが影響したのは間違いないですね」、というお話でした。
 先生の所には親、子、孫と3世帯でかかっている患者さんが結構おられるそうです。50年近く開業しておられたらそうかもしれませんね。各家の歴史までご存じの主治医って、すごいですね。
 私も今年で開業25年ですが、親、子、孫にわたる患者さんが数組います。先日一人の若者が受診しました。彼の言うには、「小さい時は親に連れられてきていたので、10年ぶりに訪ねてきたが、必死で思い出しながらやっとたどり着いた」とのことで、思わず胸が熱くなりました。
 二宮文乃先生、漢方界きっての皮膚科名医。私も困り切って患者さんを先生にお願いすることがあります。しばらくするとすっかりきれいになって当院にお礼に来られるので、「ただ人」ではないと心酔している師匠です。
 だから先生のお話をなるべく記録に残して後輩の方々の人生の指針にして頂こうと思い、先生の許可を得て投稿させて頂きました。