疾患の呼称について思う

 精神科に入局して間もない頃、先輩の先生にこんな事を話しました。
 「精神分裂病という病名は、外国語を訳したのでしょうが、あまりイメージが良くないと感じます。何かいい呼び方はできないのでしょうか」とお尋ねすると、同じ思いの人々はすでにいたらしく、
 「確かに響きが良くないから、呼称を変えようという動きはあるのですよ。クレペリン病とかスキゾフレニアとか」
と教えてくださいました。もう20年余り前の話です。
 分裂という響きは破壊的な雰囲気がして、修復、回復が不能というイメージがあるように感じられました。その診断名をカルテ表紙に書くとき、悪いことを宣告するような暗い気持ちになったものです。
 ある若い女の方は、診察時にカルテに書かれた病名を偶然見て、そんな診断をされているならもう二度とこの病院へは来ない、と母親に言ったそうです。
 呼称や用語の問題は、時として、言い換えに過ぎないとか、世の中何かとうるさい事を言い出した、と中傷をされることがあります。しかし、用語というのは当事者でないとわからない心の痛みの問題があり、大切な問題として扱うべきだと思います。

 2年ほど前に、精神分裂病は、統合失調症という呼び方になりました。私はそのとき医療従事者へのアンケートを見て、やっと病名の変わる時が来たのだなあと感じたことでした。
 確かに病気の定義や概念が変わったわけではありません。でも患者さんや家族にとって、診断名を聞く気持ちは随分変わったと思います。患者さんも口にしやすくなったのか、この病名の病気ですかと尋ねられることが増えました。また私たち医療者も話しやすくなりました。
 ごまかした病名にしたということでは決してありません。精神機能の統合、統制がバランスを崩すという病態を適切に表現した呼称だと思います。日本でのこの呼称変更は、大きな出来事と評価したいと思います。

 このほかにも病名で気になることが私にはあります。「悪性」という言葉です。医療サイドから見ると、治療困難な病気はタチが悪いから、「悪性云々……」と意識することなく使います。でも患者サイドで受けとめるとき、悪者でも悪いことをしたわけでもないのに、なぜ「悪性」といわれないといけないのか、また唯でさえ疾患への不安や恐れがある時に、駄目押しするかのような「悪性」とついた病名を聞くのはどんな気持ちでしょうか。せめて「難完治性」、「治療抵抗性」といった表現はどうでしょうか。
 無論人はそれぞれ感性が違いますから、何も気にならない方も大勢おられるとは思います。でも、もし病名を聞くことで、多少なりとも心に痛みや不安を感じ、恐れを募らせる方々がいるとすれば、それは治療意欲にも影響します。
 そう考えるとき、病名呼称の問題は、単に表面的な形式の問題ではなく、医療において医師への信頼関係や、患者さんの治療姿勢に関わる大きな問題だと思います。医療従事者としてこの問題を前向きに考えていくべきではないかと思い、少しつぶやかせて頂いた次第です。